学校案内

   ホーム  >  学校案内 [ 学校長あいさつ ]

学校長あいさつ

「生徒が主役の学校」である

                筑紫中央高校を目指して!


  このたびは、本校ホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。私は、令和4年4月に

この筑紫中央高等学校に赴任しました校長の林 節子(はやし せつこ)と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 さて、本校は、大正6年(1917年)、地元地域の熱い要望により、大野・那珂・日佐・春日の四ケ村学校組合立筑紫実業女学校として開校し、昭和24年(1949年)、福岡県立筑紫中央高等学校と改称して男女共学となりました。創立以来、知性と豊かな人間性を育む教育実践を大切にするとともに、時代の変化に柔軟に対応しながら魅力ある学校づくりに努めて参りました。これまでに卒業生は3万7千名を超え、各界各層で活躍する有為な人財を輩出してきた長い歴史と輝かしい伝統を誇る大規模普通科高校です。

 本校は創立以来、「徳」を重んじ、報徳の精神で世のため人のために尽くすことを大切にし、「至誠」「自立」「識見」を校訓としています。お互いに協力し、励まし合い、切磋琢磨することを通して、正しい判断力と自己教育力を養い、まごころを持って行動する人材育成を目指しています。

 また、平成29年(2017年)の創立百周年事業として同窓会のご協力により教育環境の整備を行い、すべての教室に電子黒板やプロジェクター、パソコン等を設置し、時代を先取りした県内でも屈指のICT教育環境が整った学校へと変わりました。現在は整ったICT環境を活用し、オンライン学習と対面学習とを組み合わせたハイブリッドな学習へと『学び』が進化しているところです。

 さらに、新しい校舎建築が行われ、令和4年8月には西鉄電車高架が完成し、新下大利駅が開業し、令和5年3月に新校舎へ移動します。そして大野城市が推進する「高架下から広がるにぎわいとやすらぎのまちづくり」に貢献する地域に開かれた学校へと変わっていきます。また、教育活動においても、これまでのよき伝統や学校文化を大切にしながらも、新しい時代に求められる資質・能力を育成する学校を目指して、一人ひとりの生徒が自己の長所・よい所・得意なこと等をさらに大きく伸ばし、主体的に考え、多様性を大切にして、協働的にものごとを進める人財育成に努めてまいります。  


令和4年4月 

福岡県立筑紫中央高等学校

第39代校長 林 節子
 ホーム
福岡県立筑紫中央高等学校〒816-0942福岡県大野城市中央2-12-1
Tel:092-581-1470 Fax:092-581-1584
福岡県立筑紫中央高等学校
〒816-0942福岡県大野城市中央2-12-1
Tel:092-581-1470  Fax:092-581-1584
Copyright(C)2017 Chikushichuo High School. All rights reserved